徒然なるままに日々のあれこれを…。


by smile-kazupy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

松竹大歌舞伎 鳴神

c0082836_11311164.jpg
[#我が町にIMAGE|c0082836_11362353.jpg|201607/03/36/|mid|336|448#]

我が町に松竹大歌舞伎がやってきた
演目は有名な『鳴神』
約束を違えた朝廷に恨みを持つ鳴神上人は
雨を一滴も降らせないように世界中の龍神を閉じこめてしまった
そこへやってきたのが美しい雲の絶間姫
姫の色香に迷った上人は、雨が降る秘法を明かしてしまう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だまされたと知った上人は憤怒の形相で姫の後を追っていく

豪華絢爛たる衣装、舞台、鳴り物などで、久々に日本の伝統芸を堪能した
素人でも分かるようにと、親切な説明や配慮が嬉しかった
座席がMの19番、もう少し前なら、と欲も湧いたが、まあまあ、でしょう

舞が『文売り』と『三社祭』
これも見事見事

特に女形の身のこなし手の動きなど、女性以上に女らしく美しい
空中回転をきれいに決める役者さん達に日頃から芸に精進している努力も伺えて

濃密な時間を楽しむことができて幸せなひとときだった
[PR]
# by smile-kazupy | 2016-07-03 11:32 | 趣味

色々な春

c0082836_1244787.jpg
c0082836_1254219.jpg
c0082836_1261732.jpg

今年の春は一斉に来た!
史上2番目に早い開花宣言
この桜が咲いたら次にあの桜が咲いて
時間差で花を楽しむことができたが
今年は待ったなし
嵐のようにやってきて嵐のように去っていく

ゆっくりじっくり花の余韻を楽しみたいのに、待ったなし
強風にもみくちゃにされ、みるみる花びらが振り落とされていく
痛々しい・・・
[PR]
# by smile-kazupy | 2016-04-15 12:16 | 日記

卒業の季節

c0082836_120407.jpg

3月は卒業、卒園の季節
3月は別れの季節
3月は巣立ち、旅立ちの季節

別れというと寂しいけれど
巣立ち、旅立ち、スタートといえば希望に満ちる

この年齢になると
人を見送ることが多くなった
旅立つ背中を見ることが多くなった

時は流れを止めないのだから
淡々としかし心を込めて見送りたい
健闘を祈りたいと思う
心からエールを送る
[PR]
# by smile-kazupy | 2016-03-26 12:01 | 日記

つるしびな

c0082836_11354810.jpg
c0082836_11362914.jpg

あるセンターの一角に思わず目を奪われ、パチリ

奥ゆかしさと気品を感じさせるお内裏様を中心に
それを囲むように色鮮やかな「つるしびな」が
ずらりと並んでいました

一針一針、丹精込めて縫い上げられた「つるしびな」
サルぼぼは厄が去り難も去る、
巾着にはお金に不自由しないようにとの願いが込められているそうな
ウサギの赤い目には呪力があり、神様のお使いだそうな
桃は邪気を退治し、長寿につながり、女性の幸せを祈るのだとか

しばしその前から動けませんでした
心豊かなひと時でした
[PR]
# by smile-kazupy | 2016-03-06 11:36 | 日記

そこまで春が・・・

c0082836_13393326.jpg


何気なく庭の片隅に目をやると
福寿草が可憐な黄色の花をのぞかせていた。
春!
では蕗の薹も・・・
あった、あった。枯葉の下に隠れて
春を告げていた。
間違いなく春は来るんだね。

いつもあくせくゆとりのない生活をしている私にも
春は微笑みかけていたのだ。

フーッと深呼吸。
春の空気を胸いっぱいに吸い込んで
今日も活動開始。

暇な時間が恐ろしくて
仕事を追いかけている私に
「ちょっと立ち止まって」、と春が肩をたたいてくれたのだろう。
[PR]
# by smile-kazupy | 2016-02-20 13:39 | 日記

大雪ビックリポン

c0082836_14402254.jpg


この日は楽しみにしていた約束がありました。
大切な母子が訪ねてくる予定でした。
でも、この雪では・・・

彼女は震災、原発の事故の時、わが町に避難してきました。
転校した中学校の友人になじめず、登校できなくなりました。
そして支援教室に通うようになりました。
彼女は猛勉強して、いわきの高校に入学し
このたび東京女子医大に合格しました。
震災の時、必死に患者のお世話をした両親の背中に学び
看護師になりたいのだそうです。

母親は、避難の時、一緒に逃げてあげられなかったことで
娘に済まないと思っていました。
しかしそんな母親を娘は誇りに思っていると伝えたとき
母親は泣きました。

彼女たちはいわきに家を建て新しい一歩を踏み出して3年。
合格の報告に来るはずでした。
でもこの雪では。本当に生憎な雪でした。

まあ楽しみを先送りしたと思うことにしましょう。

嬉しかったことがありました。
私が勤めている支援教室の庭は広くて、雪が降ると身動きが取れなくなるのです。
恐る恐る午後様子を見に行ったらなんときれいに掃いてありました。
除雪車の手配をしてくださった方に感謝感謝です。
[PR]
# by smile-kazupy | 2016-01-30 14:40 | 日記

梅が咲いた?

c0082836_11351359.jpg
c0082836_1136919.jpg

今年の正月は雪一つなく,とても暖かだった。
梅の花が咲き菜の花が咲くような1月は初めてである。
温かいことは嬉しいけど,
温暖化の影響と思うと不安にもなる。

今年の正月にも次男坊一家が帰省し、賑やかだった。
何しろ3年生と1年生のいとこ同士がタッグを組んで
クイズ大会を行ったのだ。
くじを作り、景品を用意し、次から次へとアドリブの大量生産.
大人達は大笑い。
今年は福が舞い込むだろう。

家の中も春になった。

さて余談だが
1年生は3年生と一緒に風呂に入り一緒に寝ると言ってきかない。
3年生もまんざらでもない様子
この天使のような仲良しこよしが来年も続くのか楽しみである。
まるで「小さな恋のメロディ」のようなほほえましさであった。
[PR]
# by smile-kazupy | 2016-01-16 11:36 | 日記

クリスマス礼拝

c0082836_1356860.jpg

2015年前もこのように澄み切った空気
天に浮かんだ満月に近い月
月の遠いところのきらめく星、星、星だったのだろうか
白い息を吐きながら夜空を見上げた12月24日
クリスマスイブ

今年も近くの○○愛生園に招かれて
クリスマス礼拝に参加してきた
園生達の降誕劇、牧師の説教、賛美歌
ろうそくに灯に照らし出されたうつむいた顔、顔、は美しかった

一日クリスチャンではあるけれど
心を洗い清められて
清々しい気持ちで夜空を見上げたのだった
[PR]
# by smile-kazupy | 2015-12-27 13:56 | 日記

尾木ママ講演会

c0082836_2029879.jpg

尾木ママがにやってきた。
希望者が多くて抽選になり、やっと入場券を入手。

客席から、登場。
おなじみの仕草、おなじみの語り口で聴衆の気持ちを一瞬にしてゲット。
さんまさんがテレビ番組で「ママ」と呼んでから定着したそうだ。
男性でもなく女性でもな両生類なのだそうだ。
アハハ、オホホで笑いの渦。
私も笑いすぎて涙が流れ、めがねが邪魔だった。


しかし、伝えたいことはしっかり話していた。
男子と女子は生まれたときから脳が違うこと。
女の子は3歳で嘘がつけ、6歳で100%になる。
女の子の言葉の発達が早く男子が遅いのは当然のこと。
男の子には幼児期にたくさん読み聞かせをやると良い。

じいちゃんばあちゃんの愛は無償の愛、支える愛。
父母の愛は責任ある愛
多数の愛があって良い。

叱るより褒める。
できていること、あるがままを褒める。
認め、褒めると自己肯定感が育つ。
子どもが失敗したときは「大丈夫だよ。」
弁解している子どもの気持ちを察する。
頭越しに叱らないで「どうしたの?」
叱る場面でも最後には褒める場面にする。

今一番心配なのはスマホ、ネット。
高校生の平均は一日4時間。
長い人で一日14時間20分。
スマホ依存症が高校生の60%。
そのうち9%が入院を要する。
治療する病院が神奈川県と兵庫県に2つあるだけ。
9時以後は使わないなど使い方を上手にすることが大切。
愛知県や岡山県では対策を持っている。
枠組みを作るには大人の力や行政が係わることが大切
韓国では国を挙げて備えているそうだ。

すばらしく充実した講演会だった。
ただ聴衆の年齢が高く、子育て真っ最中や中高校生たちの若い方々にも聴かせたかった。
[PR]
# by smile-kazupy | 2015-12-16 20:29 | 日記

師走で~す

c0082836_13474882.jpg

毎年アップしていますが、
今年も見事に咲いた世界に一つしか無い花:kazupy
私が交配して育てたのです
薄いピンクの色合いが何とも言えず優しい
師走になったのだと教えてくれます

いろいろ反省点はあるけれど
今年は良い年でした
いろいろな出会いがありました
自分が出かけていかなければ、出会いは生まれないのですね
少しは人のお役に立てたかなと思える年でした
何より動ける自分が嬉しかったです
[PR]
# by smile-kazupy | 2015-12-06 13:48 | 日記